女性の薄毛の原因を知ろう!

薄毛に悩んでいるというのは男性というイメージがありますが、女性であっても薄毛に悩んでいる人というのは実は結構います。

ただし、女性の薄毛というのは男性の薄毛の性質とは少し異なった症状になり、男性の薄毛の原因や対策、ケアなどを参考にするのではなく、女性特有の薄毛の原因やケアをしっかり考える必要があります。

女性の薄毛というのは、生え際のM字型や頭頂部の薄毛という男性の薄毛の始まりとは少し異なり、女性型の薄毛では、前頭部辺りの髪の毛のハリやコシが無くなってきて細くなることから始まります。

髪が細くなることで密度が低くなるので地肌が見えて頭皮が透けてみえてしまうということです。

分け目が目立つ様になってきて気になり出すというパターンが多い様です。

女性型の薄毛はどの様なことが原因なのかといえば、まずは加齢による毛髪の衰え、その他は女性ホルモンの低下、遺伝性のもの、女性ホルモンのバランスの崩れ、甲状腺ホルモンの低下、膠原病などの皮膚疾患、生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、間違った頭皮ケアなどがあります。

加齢によって毛包の状態が繊維化したり、女性ホルモンが低下し男性ホルモンが優性化すると、男性と同様の薄毛になりやすくなります。

また、女性にはある程度の年齢の時に更年期というのがありますが、その際に女性ホルモンのバランスが崩れると薄毛になりやすくなります。

甲状腺ホルモンも加齢と主に機能が低下するため、その為に薄毛になりやすくなります。

※専門クリニックのご紹介…レディース頭髪治療|AGA治療・薄毛治療の専門病院AACクリニック名古屋